メイン画像

鶏肉調理の注意点

低カロリーで、高タンパク質であると言われる、鶏肉は、肺と胆のう以外は、全て食材として食べられています、個人的には、鶏皮が大好物であるのですが、鶏肉は、焼き鶏、炒めもの、フライ、あえもの、炊き込みご飯、煮もの、燻製、おさしみなど、どんな調理法でも美味しく頂ける食材であります。
燻製や、おさしみは、あまり日常的な食卓に並ぶ事は少ないかもしれませんが、燻製としては鶏肉のハムや、捌いたばかりの鶏肉でないと頂く事のできないおさしみや、鶏のたたきなどがあります。
鶏の生肉には、カンピロバクターと呼ばれる、食中毒の原因とされる細菌がいると言われ、調理の際の他の食品との接触や、生食、火をあまり通さずに調理するたたきなどは、信頼性のある新鮮な鶏以外は、NGであると喚起されています。
カンピロバクターに感染してしまうと、激しい嘔吐や下痢、胃の痛み、頭痛、発熱に伴い、脱水状態や呼吸困難などの症状が報告されているようです。
鶏以外の動物や、汚染物質などにもカンピロバクター菌は、確認されていますが、特に鶏肉の菌の保有率の高さから警鐘が鳴らされています。
生の鶏肉を使用するお料理の最中のでの、道具の洗浄や手洗いなどには要注意が必要です。

管理人紹介

はじめまして!当WEBサイトの管理を行っていますスズシロと言います♪
趣味はお菓子作りと、スイーツ巡りです:-)ここ最近は美味しいシフォンケーキを巡る毎日で幸せです❁
もし当WEBサイトに関して何か御座いましたらお問い合わせページまたは、下記アドレスまでご連絡お願い致します:)
info@kitchen-club.net

サイト編集方針

当WEBサイトは食に興味のある方、食べるのが大好きな方、また家庭菜園を行っていたり食材に興味のある方等、多くの方に少しでも楽しんでいただけるように保存食からスパイスのお話など食に関する情報を幅広く掲載しています。

新着情報

TOP