メイン画像

様々なスパイス

スパイスは、お料理には欠かせない香り付けを行ってくれますが、その働きとして、食材の防腐や殺菌効果でもあるようです。
古来の人々の間でスパイスは、大変貴重な価値をもって取引されていたようです。
その価値は、金や銀などと同じく、もしくはそれ以上であるともされていたようです。それぞれのスパイスには、個々の働きや特徴があり、魚に合うもの、肉に合うものなど、その特性を見極めながら、人々はスパイスの使い分けを行ってもいたようです。
魚や肉の独特の生臭さを消してくれる多くのスパイスは、古来の人々の保存食としてのハムやソーセージ、ベーコン、ローストビーフなどにも多く使用され、加工食品の長期保存の素ともなっていました。防腐や殺菌の他にも、食欲増進や頭痛の緩和作用、口臭予防ともなるようなスパイスもあり、ある種の薬的な存在でもあったようです。
日本食には、西洋料理ほど、数多くのスパイスは使われませんが、ちりめん山椒などは、ピリリと山椒のスパイスがきいていて美味しいですよね。
世界各国のおいては、その国々にとっての、独特なスパイスに対する思い入れがあるようです。
人々は、スパイスを求めて大航海時代、果敢にも大海原を行き来していたようです。

管理人紹介

はじめまして!当WEBサイトの管理を行っていますスズシロと言います♪
趣味はお菓子作りと、スイーツ巡りです:-)ここ最近は美味しいシフォンケーキを巡る毎日で幸せです❁
もし当WEBサイトに関して何か御座いましたらお問い合わせページまたは、下記アドレスまでご連絡お願い致します:)
info@kitchen-club.net

サイト編集方針

当WEBサイトは食に興味のある方、食べるのが大好きな方、また家庭菜園を行っていたり食材に興味のある方等、多くの方に少しでも楽しんでいただけるように保存食からスパイスのお話など食に関する情報を幅広く掲載しています。

新着情報

TOP