メイン画像

未来を歩む保存食品

最近では、防災のための非常食や、保存のための缶詰などが、大変美味しいなどと話題にもなっています。
以前の非常食などと言うと、時代を感じてしまうかもしれませんが、乾パン屋氷砂糖といった味気ないものが主でしたが、グルメな非常食やグルメな缶詰が続々と登場するような時代になったようです。
その他にもフリーズドライ製法などを駆使した保存食が、数多く商品化され人々の日常的な食卓にも並ぶようになりはじめました。
保存食は、現代人が開発したものではなく、その昔は、5000年も6000年も前の地球上に、保存食は存在していたなどとも言われています。
日本では、干し芋や、干し柿、干し魚 などが作られ、西洋では、ハム、ベーコン、チーズ、ピクルスなどが、古い時代の人々の手によって作られていました。
最近の非常食は、グルメ食品などとも言われてはおりますが、先人たちによって作られてきた干し芋や、干し柿、干し魚、ハム、ベーコン、チーズ、ピクルスなども保存性が高く、さらに美味しい保存食であります。
日本社会の各世帯は核家族化しており、生鮮食品などを買い置きしていても、なかなか使い切ることが難しいといったような一人暮らしなどの人々の食生活も、インスタント食品や、レトルト食品、フリーズドライ食品などといった多くの保存食に支えられています。
調理の手間が簡単で、長期保存が可能なこれらの保存食等は、今後もさらなる高みを目指すのでしょうか。

管理人紹介

はじめまして!当WEBサイトの管理を行っていますスズシロと言います♪
趣味はお菓子作りと、スイーツ巡りです:-)ここ最近は美味しいシフォンケーキを巡る毎日で幸せです❁
もし当WEBサイトに関して何か御座いましたらお問い合わせページまたは、下記アドレスまでご連絡お願い致します:)
info@kitchen-club.net

サイト編集方針

当WEBサイトは食に興味のある方、食べるのが大好きな方、また家庭菜園を行っていたり食材に興味のある方等、多くの方に少しでも楽しんでいただけるように保存食からスパイスのお話など食に関する情報を幅広く掲載しています。

新着情報

TOP