メイン画像

農園の土づくり

自然界のなかでは様々な動植物が生息し、お互いの存在が互いの生命をサポートし合う「共生」の循環サイクルが育まれています。森林や山のなかで朽ちた動植物たちは、朽ちることで新たなる生命に必要とされる栄養素として生まれ変わるのです。このような生命の循環システムを農耕のなかに取り入れる際に、堆肥や肥料はどのように扱っていくべきでしょうか。
野菜や草花を人工的に育てるに際には、自然のなかではどのような仕組みで土壌に栄養分がしみ込み、それらの栄養素がどのように植物たちに取り込まれるのかを考えてみましょう。最近ではホームセンターなどには、様々な種類の堆肥や肥料をみつけることができますが、土壌づくりにはあらゆる栄養素が必要とされてきます。また、堆肥や肥料を土壌に与え過ぎることも植物に悪影響を施すなどとも言われているようです。本来は森の中に生えた植物が枯れた時に、その葉や茎がそのまま土壌の栄養となり、翌年のシーズンには元気な植物たちが姿を現すものです。皆さんが家庭菜園や農園づくりを試みる際には、そのバランスを堆肥や肥料などの投入で整えてあげることになります。

2021-03-19/農園の土づくり

管理人紹介

はじめまして!当WEBサイトの管理を行っていますスズシロと言います♪
趣味はお菓子作りと、スイーツ巡りです:-)ここ最近は美味しいシフォンケーキを巡る毎日で幸せです❁
もし当WEBサイトに関して何か御座いましたらお問い合わせページまたは、下記アドレスまでご連絡お願い致します:)
info@kitchen-club.net

サイト編集方針

当WEBサイトは食に興味のある方、食べるのが大好きな方、また家庭菜園を行っていたり食材に興味のある方等、多くの方に少しでも楽しんでいただけるように保存食からスパイスのお話など食に関する情報を幅広く掲載しています。

TOP