メイン画像

「山椒」と「大根おろし」と「うなぎ」の関係

「うなぎ」は、ご馳走のイメージの強い食材ですが、精力のつく食べ物として古くからその存在は知られていたようです。疲労回復・美肌・老化防止などに良いなどと言われておりますが、「うなぎ」は縄文時代から人々に食用として食べられていたことをご存知ですか。奈良時代には、「万葉集」にも「うなぎ」に関するの記述があるそうです。当時から「うなぎ」は精力がつく魚として夏バテなどを防ぐために、暑い夏の時期を乗り越える為に、うなぎを食べる習慣などがあったそうです。最近の現代人は「どじょう」を食べる習慣が減ってきておりますが、「どじょう」も同じのように精力のつく食べ物として人々かあ好まれて食されていたようです。
栄養価が高いだけではなく、美味しさの詰まった食材としても優秀な「うなぎ」でありますが、「うなぎ」の蒲焼といえば「山椒」と言うイメージを強く持っていらっしゃる方も多いと思われます。「うなぎ」の蒲焼に添えられている「山椒」は、香りや味わいだけではなく、脂っこいうなぎの蒲焼を皆さんが召し上がった際の胃腸の働きを助ける役割をしてくれているそうです。どうしても脂っこいお食事をされると、胃腸に負担がかかると感じていらっしゃる方も多いかもしれませんが、そういった時は、山椒のような消化を助けるスパイスなどの働きに着目してみることも良いかもしれません。「山椒」の他には、野菜のの大根をすりおろした「大根おろし」なども消化を助ける成分が含まれている食材とされているようです。

2021-01-06/「山椒」と「大根おろし」と「うなぎ」の関係

管理人紹介

はじめまして!当WEBサイトの管理を行っていますスズシロと言います♪
趣味はお菓子作りと、スイーツ巡りです:-)ここ最近は美味しいシフォンケーキを巡る毎日で幸せです❁
もし当WEBサイトに関して何か御座いましたらお問い合わせページまたは、下記アドレスまでご連絡お願い致します:)
info@kitchen-club.net

サイト編集方針

当WEBサイトは食に興味のある方、食べるのが大好きな方、また家庭菜園を行っていたり食材に興味のある方等、多くの方に少しでも楽しんでいただけるように保存食からスパイスのお話など食に関する情報を幅広く掲載しています。

TOP