メイン画像

あずき

小豆は、他の豆類と比べて脂肪分が少ないというのが大きな特徴です。
栄養価もとても高く、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富です。
小豆はむくみの解消をしてくれることでも有名です。血中の脂肪とコレステロール低下作用もあります。
あずきの効果としては、利尿作用、むくみ、二日酔いの改善があります。
あずきは、ポリフェノールの一種、サポニンを含んでいます。サポニンには、体内の水分を調節して、むくみがあると強力な利尿作用を発揮してくれます。
また、ビタミンB1を多く含んでいます。
これは疲れやかっけにも効果を発揮します。サポニンには、血中コレステロールや脂肪を低下する作用があります。
皮の部分に多く含まれているので、あずきは皮付きのまま食べるとよいでしょう。
煮汁にはたっぷりと栄養が含まれています。
アク抜きをしすぎないようにするのもポイントです。
民間療法として、茹でたあずきをすりつぶして、水で練ったものを吹き出物に貼ると良いと言われています。あずきの煮汁を飲むと、むくみや二日酔いに効きます。
あずき50gと水600CCで、水が半量になるぐらいまで煮たものを飲むとよいです。
あずきの旬は秋です。
冬ぐらいからぜんざいやおしるこが楽しみになります。
和菓子の材料にも使われているので、年中摂ることができます。
和菓子は自分で作るのがとてもむずかしいのですが、ネットのレシピにはいろんなものがあります。
一度水ようかんを作ってみたのですが、あまり美味しくできませんでした。
やはりお菓子作りは技が必要なようです。
ぜんざいも砂糖を入れるだけのような気がしますが、お店で食べた方が美味しい気がします。
でも、あずきは保存も効くので常備しておくのもよいと思います。

2020-08-21/あずき

管理人紹介

はじめまして!当WEBサイトの管理を行っていますスズシロと言います♪
趣味はお菓子作りと、スイーツ巡りです:-)ここ最近は美味しいシフォンケーキを巡る毎日で幸せです❁
もし当WEBサイトに関して何か御座いましたらお問い合わせページまたは、下記アドレスまでご連絡お願い致します:)
info@kitchen-club.net

サイト編集方針

当WEBサイトは食に興味のある方、食べるのが大好きな方、また家庭菜園を行っていたり食材に興味のある方等、多くの方に少しでも楽しんでいただけるように保存食からスパイスのお話など食に関する情報を幅広く掲載しています。

新着情報

TOP